苦悩の旧里はすてがたく
いまだ生まれざる安養の浄土は恋しからず候

名残惜しく思へども
娑婆の縁つきて力なくして終わるときに
かの土へは参るべきなり

『歎異抄』第9章


Profile

倫理研究所関係

空手関係

Blog

それでも生かされていた

旧Diary

更新終わりました。

SNS

Twitter

instagram

flickr

旧Blog

書き暮らしのテフレッティ (更新終わりました。)

Memo

個人的なメモ書き。