Diary (202003)

2020-03 / March 2020
Su Mo Tu We Th Fr Sa
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 -- -- -- --

20200301

春眠暁を覚えずよろしく、昼までずっと寝て曜日。その後も1530までずっと眠り続ける。どれだけ疲れていたんだろう。

夕方、祖父母宅へ行き、祖母へ数日遅れの「誕生日おめでとう」。小一時間話し込む。

市の防災メールが流れてきて、体育館や会館等々、市のあらゆる施設が3月15日まで休みになってしまった。ということは、空手の稽古もそれまで休み。あぁんもう。

20200302

体調不良に加えて、ハルシオンとリスパダールが効きすぎ。そして起きてからの抑うつがもうとんでもなくひどかった。

こんな調子でデータベーススペシャリスト試験への勉強はどうしようか? とか独り悩む。

20200303

どうしても朝の抑うつから抜け出せない。昼まで引きずってしまい良くない予感がしたので早退。はぁ。

夜にちょっと気分転換して、そのあと、DBスペシャリスト試験のため勉強のリスケ。

20200304

一日中抑うつ続く。そして寝付きもどんどん悪くなっている。

メンタル不調のせいもあってか、家族と話しが噛み合わず一触即発、口論寸前の状態になったが、なんとか回避。ここは、病気のしておこう、か……?

20200305

明け方、左胸部違和感あり。息苦しくもあって他の場所にも違和感もあったので、急遽、市立病院救急外来に。心電図検査するも、問題なしとの所見で、帰宅。

当直医いわく「安静にして様子をみてください」と。心因性か? ともかく、おとなしく休むことに。

抑うつは相変わらず続いているので、いい加減通院しなければと思い、週末土曜に札幌のクリニックを受診するため、都市間バスやホテルの予約を済ませる。予定外の二人分の都市間バスの出費が痛いけど、まぁ、しょうがない。

20200306

年度末だなぁって感じ。

概ね官庁と学校への納品と見積もりで一日が過ぎてゆく。

流氷初日を迎えた。地元で流氷を見たのはいつ振りだろう? やっぱり、神秘的な感じがあるよなぁ。間近で見ると。

20200307

祖母の送りで0830札幌行き都市間バス。こういう日に限って4時とかにパッと起きちゃうんだよね。乗客は私たちも含めて7人しかおらず。ちなみに2人は仕事でつながりのある方で、なんといいますか、世の中狭い。

札幌到着し、昼食後、クリニックへ。医師曰く、「大変でしたね」。何気ないこの言葉に救われるんだよねぇ。それから資格試験の勉強は「成功体験となると自信もできて心にもよい影響があるので問題なし(意訳)」とのこと。薬は去年の今時期の量にしてもらった。

ホテルチェックイン後、「食べて飲みたい」と二人で意見が一致し、この際、学生時代を過ごした江別は文京台へ。某パスタ屋のパスタは安定の量だったし、某バーは安定の賑わいでホッとした感じ。

そのLive Bar、ちょうと今日はちょっとしたLiveの日で、マスターといろいろ話しているうちに「1曲混ざるか?」となり、混ざらせてもらうことに。半年振りに触れる打楽器、楽しかったなぁ、とかって思っていたら、Drummer氏が途中の曲で「入って入って!」のサイン。あわせて3曲も載っちゃった。バス・地下鉄を乗り継いで戻る予定が、JR・地下鉄になっちゃったけど、ま、いっか。妻いわく、「あんなに楽しそうに演ってるの、初めて見た」とのこと。こういう音楽(70年代後半~80年代)の方が向いているのかなぁ。

20200308

昨日はホテルに戻ってからも二人とも350ml缶1本ずつ飲み直し、布団へ。9時に起き始め、ギリギリの10時にチェックアウト。そのまま1008の路線バスで「北のたまゆら桑園」へ。朝風呂はいいわー。

久々にESTAの大戸屋で昼食。特に用事もなかったのだけど、昨日のうちにLOFTも書遊 札幌アメミヤさんも行ったから買うものもなかったのだけど、なんだか忙しないので、1300のバスを1500に変更。お茶を飲んだり、ジュンク堂で物色したりでダラッと過ごす。帰りのバスは乗客10名。やっぱり新型コロナウイルスの影響だよね。

20200309

朝から全身に倦怠感が続く。そして、左足首が痛み、ずっと引きずって歩く(北海道弁で「びっこ引く」)状態が続く。なんか悪いことしたべか。

夕方、市立病院で5日の救急外来の精算。夕食後、競書の締切がいつもは毎月12日のところ11日になったので急いで仕上げる。正座できない状態だったので、あぐらで……。

20200310

昨日からあった足の痛みは未だに続いている状態で、足を引きずりながら、最低限の仕事だけこなして、道関係のあちこちを回る。と、「どうしたんですか?」と気を遣わせてしまう始末。

「いやー、わかんないんで、ちょっとこのあと整形外科です」と、(かかりつけの整形外科は午前中しかやっていないので)かかりつけではない整形外科を受診。レントゲン異常なし。医師「アキレス腱の炎症、アキレス腱炎ですね。……尿酸値高いとか言われたことあります?」「あっ、はい……」「これ痛風ですね」マジかよ……。

で、痛み止め出されて帰宅。って階段上るにもぶつければ「ギャー!」だし、革靴なんて脱げなくて、妻に引っ張ってもらってようやく脱げたくらいには腫れてた。もう、ギャンギャン叫んだもんね。痛風で叫ぶ30歳、どうですか。

20200311

2時間しか眠れぬまま仕事。DBの勉強はやっとのことで朝に40分できた感じ。SQLが全然わからん。どうしましょ。

痛風の痛みがまだ続いていてしんどいので、ちょっと早めに帰ろうとしたところ、1700過ぎにお客さんからSOSの電話あり、有り難いこと。そのまま1930までかかって終了。帰宅して夕食後、すぐ眠剤を飲んでお布団へ。

20200312

サイレースが効きすぎなのか、あるいは寝不足のせいなのか、お察しください。

昨日今日とあれこれと納品が続く。別件で昨日伺った某案件、今日の見積もりで即決OKになってちょっとビックリ。ありがとうございます。

決まらないときって全然決まらないんだけど、決まるときはパッと決まっちゃうのが事務機屋稼業ってなもんで、今回も例のごとく、という感じで。

20200313

たとえ身近な関係でもわかりあえないことってあるもの。今日もあったもの、仕事で。

憂さ晴らしなのかストレス発散なのか、一年振りに近所の喫茶店に行った。前は常連だったんだけど、すっかりご無沙汰しちゃってた。そこでいろんな人と笑い合えたから、ちょっとは心の状態もよくなるってもんですよ。350円。

20200314

ノルマって大事。

DBの勉強、先週末に印刷してそのまま放っておいた午後Ⅰを一通り解く。ああ、SQLが壊滅的だわ。皆目わからん。量をこなして慣れるしかないんだろうなぁと思いつつ。

夜は週末ですのでお察しください。週に一度くらい何も考えずにいたいのですよ。

20200315

健全な朝寝昼起きをしまして、だいたい30:00就寝、38:00起床といった感じでした。あ、目は覚めてたけど布団から起きたのがそのくらいの時間ってことで。

夕方、キタカラに行って試験勉強。と思ったらですよ、某知人がいて挨拶したり(これはいい)、知的障害者の人が数人いてその独語を聞くことになったり(これも慣れてるからいい)、極めつけは、新興宗教系の青年(顕○新聞持ってたぞ)がキャリーケースをガラガラしていて、電話で宗教について説いたりしていて、あるいは知人と思しきオバチャンたちと喋ったりして、あるいはまた電話をかけ始めて延々と19時半近くまで話していたんじゃないだろうか。
2時間以上延々と話せるそのエネルギー源は何なんだろう?とか、青年期の心理発達とルサンチマンがこんがらがっちまったのかなぁとか、いろいろ考えさせられたんですが、要するにそれらを否応なしに聞かされることになった身としては大変気疲れするわけでして、まぁその、勉強疲れよりそっちのほうが勝りまして。
こんな日もあるよね、ということにしときますか……。

20200316

とにかく抑うつが続くつらさ。

夕方くらいには落ち着いてくるんだけど、どうなんだろう。気分転換にドライブ。C書店で迷いに迷って基礎英語2・3を購入。英検準2級にはこのくらいがちょうどよかろう。

20200317

毎日毎日、中途覚醒があったり、その後めちゃくちゃ爆睡したりの繰り返し。

さすがに嫌悪感もわいてくる。でもどうにもできない。このもどかしさ、つらいなぁ。

20200318

中途覚醒のまま起き続けたけど体調芳しくなく、って当然だよなぁ。

午前中はFaxの山、午後は比較的まったりと。この差が体にくるんですよ。この時期だけなんだけどね。あとどれくらいで乗り切れるだろうか。

20200319

ハルシオンを頓用したら目が覚めたらもうここには書けないくらいの時間帯で驚く。抑うつ状態も相変わらず。

いい加減回復の兆しがないと困るんだけどなぁ。

20200320

眠れずにいて明け方から不調。リスパダール液を3ml飲んだら今度はアカシジアで絶不調。仕方がないから、んでもってせっかくの旗日だし、日中に眠剤を飲んで寝逃げする。寝て起きたらアカシジアは治っていて一安心。

このアカシジア「は」というのがミソ。

20200321

中途覚醒(たしか23時頃)から朝に。朝方にDBSPの過去問をちょろっと。いや、出来は全然ダメなんですけど。

そのまま仕事へ。Office 365のShare Pointで日報やらナンチャラ管理やらを作っているうちに夕方に。

若干坐骨神経痛の感はあるけど、土曜恒例のアレはきちんとアレしましたとも。

20200322

真夜中に便秘のすさまじい腹痛で叫び起きる。その後再び眠って起きたのは昼過ぎで、起きたというか、ヤマト運輸に起こされた感じ。1430だった。

ここ1週間?2週間?くらい、深夜の食欲がすさまじかったんだけど(ストレスのせい)、メルカリで古本を何冊か買っているうちに収まっていった。良い傾向。

20200323

中途覚醒して2600に起きてそのまま起き続けていたら28時くらいから寒気や倦怠感が出現。体温を測っていって、最終的には0800過ぎに37.6℃にまでなって「自宅待機」になる。1500前には平熱に戻っていたのであとはまぁ部屋でまったりと。

夜、お米とかを買いにツルハに行ったんだけど、どうも、減量向けプロテインが気になる。まだ買わなかった。

20200324

昨日23時、今日の2時に中途覚醒して、夜食後もう一度寝て4時起き。といっても布団から出たのは5時っていう。

仕事でちょっといいことがあったのはよしとして、某作業中に某機器の持ち方を間違えてしまって、腰をやっちまった。坐骨神経痛再来。だいたい気が抜けたときにやってくる。

20200325

サイレースとトラムセットのおかげで熟睡させていただいた。起きたら腰痛はだいぶ良くなっていた感じ。思いのほか重症化しなくて良かったけど、車に乗ってるとどうもだめ。

予想はしていたけども、情報処理技術者試験はやっぱり取りやめになった。そりゃそうだ、だいたい0910から1530ないし1630くらいまでほぼカンヅメの試験だもの、換気はちょっとしかできない密閉空間だし、結構密集してるし、人も多い。

ただまぁ、満足に勉強できていなかった自分にとっては、吉報ではあるんだけども。あは。

20200326

一昨日の坐骨神経痛が治まっていたのも束の間、起きるときに「伸び」をしたらピキッっとやってしまって再び鎮痛剤生活に。タリージェとトラムセットの荒療治、どこまで効くのやら。

と思っていたらもっとひどくなってきて昼にはボルタレン坐薬(の後発品)も使用。で、夜にようやく治まった感じ。明日から札幌なんだよねー。

20200327

昼過ぎまでのあいだに市内の端から端までの用事を済ます。

1530頃に稚内を発って札幌へ。なんてったってトラムセットを飲んだあとだったので、道中は始終眠気との闘いでしたよ。はぁ。今日はほとんど飲まなかったら、ま、いいや。

夜はホテルから徒歩3分の串鳥で軽く一杯、と思ったらほぼ満席。商売繁盛で結構なんだけど、やっぱ、食べ物出てくるの遅めになるよねぇ。でもまぁ、活気が戻ってるから、いいか。

20200328

定期通院日。珍しく中途覚醒も坐骨神経痛もなく熟睡。

午前中にちょっと用事を済ませて、昼食は某洋食屋。え、意外と人出てるなぁ、というのが第一印象。クリニックはまぁ、いつも通りの人の入りといった感じでしたなー。

で、いつもよりえらい早く0630に起きてしまったもんだから、昨日は副作用で、今日は寝不足で眠気との闘いでしたよ。ほんと今回は大変だった。1945に帰宅。

20200329

疲れている割に0630くらいに起きてしまう。やることもなく、寝たり起きたりしながら昼過ぎまで過ごす。やけにリアルな夢を見たけどなんだったんだろ。

夕方に外出。買い物と洗車で、それも生まれて初めてのセルフ洗車。長蛇の列だった割には思いのほかサクッと終わったのはシャンプー洗車だけにしたからかしらん。札幌往復、日本海側の波あったらかぶっちゃうんだよね。

20200330

サイレースがよく効き過ぎやがりまして15時間寝るとは思わなかったわ。けっ。

午後からの納品作業、その納品自体はなんとかなったんだけど、その後の諸々で時間がかかって結局3時間。客先作業って妙に緊張する。閉店間際の調剤薬局でこないだの分の処方の薬をもらって帰宅。

20200331

眠剤のせいなのか何なのか、起床するのに難儀する日々がまだまだ続く。

いよいよ年度末、うちの業界も大変ってもんで、さらに追い打ちをかけるように納めた物件にトラブル多発でもう大変な弥生晦日でありました。