Diary (201912)

2019-12 / December 2019
Su Mo Tu We Th Fr Sa
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 -- -- -- --

20191201

先週同様、しないつもりが結局深夜に痛飲。まぁ週イチのことですし、ねぇ。

気疲れなのかもしれないけども、大きい「事」を終えた後はどうしてもぐったりしてしまうわけで。夕飯なんてもう「切って盛るだけ」の代物であとは「つけて食べるだけ」という手抜きっぷり。

某グラドルのTweetで見付けて観始めた #2019ななにー大運動会 が意外と面白くって、結局終わるまで観ちゃった。ときどき絶妙に漂ってくる昭和感ある進行っぷりも素敵、ってそこかよ。

20191202

札幌の書道洋品店からDM届く。いつもは目ぼしいものはあまり無いのだけども、今回は違っていて、いつも愛用している「安いのにそこそこイイ感じの漢字用半紙」が40%オフくらいで出ている。通院かなにかのタイミングで買いに行ければなぁ。

と同時に書道の添削も届く。よい成績。気分よく次の課題に取り掛かりたいところだけど、祖父の法事を終えた後でちょっと疲れ気味だから、あとかなぁ。

20191203

文通のお返事を夜中に一気に書き上げ朝のうちに投函。いいんじゃないでしょうか。

どうも朝方に不調になる。頓服を呑んで起きたら夕方で困ったもんで、こりゃ、今度通院したときに相談しなきゃだ。

20191204

あまり眠れずに迎えた朝。朝ドラを観ていたら突然妻の携帯に義母からの電話で、妻の大叔母の訃報が入った。通夜・葬儀の日程が、私が通院で札幌へ行こうとしていた日程と同じだったので、まず仕事の調整、ついで往きのバスの予約変更、そして斎場泊の連絡をし、予約していたホテルをキャンセル。ここまでを出勤前までに済ませる。仕事の合間を縫って、供花の手配をしたり、銀行口座から現金をおろしたりする。

最低限の仕事をこなしつつ、持ち物リストなど念を入れて確認しながら、慌ただしく一日が過ぎた。

思えば、昨晩ルネスタで入眠はできたものの、今まで見たことのないくらいの夢をみた。夜中に我が近所の路上に寝転がってしまっており、すると暗い夜空に今まで知り合ってきた人々の顔が続々と浮かんできて、けれどもこちらはのたうち回り、海老反りのような恰好になっていて、起きるとやはりそんな格好になっていた。その約6時間後にきた訃報ではあった。

20191205

昨日のこともあり、あまり集中できずに一日を過ごす。否、私の廻りでおそらく一番落ち着かないのは妻であろう。両親から香典を預かり、自身のとあわせ袱紗に収める。義父母と連絡を取りながら、明日のことを打ち合わせしながら一日が過ぎて行く。

20191206

朝一番の都市間バスに乗り、札幌へ向かう。義父母と札幌駅前で落ち合い、まずは私の通院を手っ取り早く済ませ、妻の伯父(喪主)の家へ向かい、のち、斎場へ。

湯潅、納棺、そして通夜と滞りなく済ませ、通夜振舞い。初めてお会いする方ばかりだったが、まるで私が義父母と初めて会ったときと同じように、すぐに意気投合。

ひと落ち着きした頃に義妹から電話あり、大叔父が亡くなったとの報せ。明日が通夜という。急ぎ香典を用意する。こんなこと、あるのだろうかと思われるだろうが、ある。

20191207

0時近くに仮眠しようと布団に入ったものの、3時過ぎに腰痛で起こされる。コルセットを外すのを忘れたまま布団に入ってしまったのも原因かもしれない。ともかく、そこから線香番となった。風呂にも入りたかったが腰痛故入れず。

朝9時から葬儀、10時出棺。札幌の斎場は到着順に火葬していくが、友引明けの土曜のこと、タイミングが悪いと1時間とか2時間とか待たされる羽目になる(私の大叔父のときに体験済み)が、同じ区内で移動時間も少なかったこともあり、待つことなく火葬となる。

我々は行けないが別の通夜もあり、また帰宅時間のことも考慮していただき、収骨し斎場到着後、おいとまさせていただくこととなった。

15時発のバスで帰途につく。高速に入る前に寝入ってしまい、砂川SAでも気が付かず、目が醒めれば羽幌で、一服してバスに戻り出発後また寝入り、妻に起こされれば降りるべきバス停到着5分前だった。

20191208

昨日の疲れを引きずりながらという状況であったが、一昨日札幌にいるときにお客さんから連絡を受けており、パソコンサポートのため午後に客先へ。作業自体はすぐ終えられたものの、片道約20分の運転中、時折うとうとしてしまう瞬間があり、自分でもすこしヒヤッとした。

夕飯をごく簡単に済ませ、さっさと布団に入りすぐ入眠。

20191209

通夜葬儀のあとに疲れを引きずるのはどうしようもないこととはいえ、長距離移動が伴うとなおのこと。やっぱり仕事に集中できなかった。無事行けただけよしとしよう。

それはともかく、腰痛も引きずってしまっていて、タリージェに加えてトラムセットの服用量も増えてきている。

20191210

昨日の晩10時から深夜2時にかけて、トラムセットを4錠も飲むことになるとは思わなかった。体はやっぱり正直だった。結局「1回2錠まで、1日8錠まで」の上限まで久々に飲んだ。おかげで便秘がひどい。痛みが緩和されているからよしとしなければ。

20191211

今日もトラムセットと仲良しになるかと覚悟していたが、意外とそうでもなく、夕方前には症状が治まってくれた。タリージェは欠かせないけれど。

やっと仕事がいつものように(といってもいつも調子が悪い感じなんだけど)できるようにはなってきた。これだけ疲れを引きずるとは思わなかったなぁ。

20191212

先週金曜からしわ寄せられた仕事をバタバタと片付ける。おかげで服薬のタイミングがまぁズレること、ズレること。

疲れ切っていたので寝る前の薬を早めに飲んだけど、まぁ眠れないもんだよねぇ。

20191213

眠れぬまま寝転がりながらYouTubeの動画を眺めていると、午前2時頃に息苦しさあり、妻に頼んで血圧を測ってもらえば180超え。念のために午前中は休み、午後は納品があるので行かざるを得ず作業していると、息苦しさが再び出現し、嘔気やふらつきまで出始めて、納品後に少しだけ残務処理して早めに帰宅。そのときの上の血圧、なんと200超え。念のために横になって30分してから測っても180超え。これはいけないと市立病院の救急外来を受診。頓用の降圧剤(ニフェジピンカプセル5mg)が出されて帰宅。家族からは「週末は大人しく寝てなさい」。やっぱり? ですよね。

20191214

忠告のとおり大人しく寝ていられるような気質じゃないので、血圧が概ね安定してきた頃合を見計らって外出し、午前中のうちに用事をパパッと済ませる。

安静生活というか引きこもり生活というか、そんな感じなのだけど、一昨日ブレーンから届いていた某コンクールのBlu-rayを見たい気持ちが若干出てきて困る。まぁここは、言われるがままに大人しくすべし。

とはいえ毎週土曜恒例となってしまっている痛飲がやめられないのはご愛嬌ということで。っていうか眠れなかったんです。再放送のThe NIGHTを4時から見始めて朝方就寝、ごめんごめん。

20191215

案の定遅めに起きるが血圧は安定傾向、といっても下の血圧が下がらない。家族とも話し、何かあったときのことも考えて、明日、市立病院の内科を受診することとした。

用事はすべて昨日のうちに済ませてあるので、今日は本当にダラダラするだけで過ごす。頓服を飲まずに済んだ土日ではあったが、「血圧上昇時、最高血圧200以上のとき」とある。それを処方した当直医、調べてみるとH大院の消化器外科だった。これがきっと消化器内科だったら「180以上のとき」とか書かれたのだろうか。

20191216

9時過ぎに市立病院着。初診扱いかと思ったら、救急外来受診したときが初診だったようで、再診扱いとなる。といっても予約外なので、相当の待ち時間があると覚悟し、売店でお茶を買い、ロビーのマスク自販機でこれも購入。問診のときの血圧が189/121ととんでもない値だった。待合室でじっとしていたが11:20頃から嘔気あり、12時過ぎにようやく呼ばれると、その値を見るや否や、生活習慣指導など一切なしに、即時、薬物療法開始となった。

心電図は救外でとってあるので、診察後、処置室で採血(しかも検査項目10項目超え!スピッツ6本くらいあったわ)、のち採尿。救外の精算と今日の会計とを終え、調剤薬局で薬を受け取り、帰宅す。

20191217

どういうわけか知らないが、朝起きてみれば左膝から下が痺れる。茶碗を持てばいつもより重く感じる。昨日の今日と言うだけあって、「えっ!」と思って脳神経外科受診。9時前に受付し、11時頃にMRI。診察に呼ばれたのは13時頃だったが「脳神経系の症状ではありませんね」「まぁ疲れみたいなもんだから、うまく付き合うことだね~」などと医師の仰せ。

かかりつけの薬剤師さんに連絡すると、「いつもと違う感じだったら内科行ってらっしゃい!」、加えて「ちゃんと具体的に言わないと「精神的なものだ」って言われるんだから具体的にね」と念を押される。昨日に引き続き市立病院内科へ行き、看護補助者が聞き取り、のち看護師問診。あまり待ち時間なく診察室に呼ばれ、いろいろ調べられると「おそらく神経の症状だと思います」と内科医。「タリージェお持ちでしたら、それで様子見てみてください」。これでやっとホッとした。何かあったときのことも考えて市立病院にして正解だった。

20191218

降圧剤処方のガイドラインがどうなっているかは知らないが、おそらく急に下げたりとか一気に下がったりとかはしないのだろう。仕事していると夕方に頭痛あり、血圧測れば180超え。頓服服用。

いろいろな様子をみながら日常を過ごしていかなければいけないことを身をもって実感する。

20191219

どういうわけだか二度も悪夢を見てしまい、いっそのこと起きてしまうことにした。

そして昨日に続いて今日も夕方に頭痛があって、やっぱり血圧が高くなっていて頓服服用。処方は35日分だけど、頓服は7回分。もうすでに2度使っているんだけど、足りるのか、ちょっと不安。

20191220

先に頼んでおいたゴム印来たる。計6本。ネット通販とはいえなかなかの出来。これからも字数が多いときはネット通販に頼ることにしよう。

今日は頓服飲むことなく経過。よきこと。

20191221

朝寝昼起き。よくないのはわかっているけど。で、昼からは散髪、外出、年賀状購入、知人宅購入。ここでもう日暮れ。夫婦揃ってよくわからない疲れがあり、夕飯を惣菜で済ます。食後、温泉に行き、GEOに寄り、しばらく物色するも目当てのものもなく、ドラッグストアに車を走らせていると義妹から電話。なぜ私へ? ハンズフリーで通話しつつ、「あとでまたかける」というので我々はドラッグストアとコンビニで買い物。

帰宅し、週に一度の痛飲をしようとしていると、再びの義妹からの電話。あとはもう日記には書けない。

20191222

いろいろあって5時半に布団に入り、8時過ぎに目覚め、11時前に目覚めると何度かの着信があり、妻とともに早急に用事を済ませる。昨日の夕飯に続いて、今日の昼食も作る気もなし、惣菜で済ます。義妹や義母とのやり取りが続く。

20191223

昨晩は数え切れぬほどの幻聴に見舞われ、やむを得ずリスパダール液を2ml内服し、今日の午前中を棒に振る。午後はしっかり仕事して、成果もあったから、まぁ、いいか。

依然として義妹とのやり取りが色々あって続いていたが、夜になりようやく落ち着いた。ホッと胸をなでおろす。

何日か振りで迎えた平穏な夜。穏やかな気持ちで書道したり短歌を詠んだりペンパルに手紙を書いたり、久し振りという感じがあった。

20191224

あちこちへ郵便を出す。手持ちの切手がなくなっちゃったので、郵便局で10枚1シートのを購入して、でも結構使ったなぁ。

朝から不調でリスパダール内用液のお世話になる。昼頃もそんな感じだったからどうしたんだろうって自分で思う。

短歌の締め切りが明日に迫っていたので取り急ぎFAXしてもらい、今日のうちに投稿用に清書して、明日投函することに。細かな作業、嫌いじゃないんだけど、時間に追われるとちょっと、ね。

20191225

今日も今日とて郵便送付が3通。昨日も3通だったか。電話するにも躊躇するし、かといってLINEやメッセンジャーだとどうも足らない、っていう内容なもんだから、結局手紙になるわけで。

夜に上の血圧が180超える。いよいよ頓服が少なくなってきた。

某HMVから某シンガーソングライターのBlu-ray到着。ちゃんと発売日に届いてすげー、ってのはいいんだけど、観るだけの余裕がないんだよなー。積みBlu-rayが今のところ4枚。正月に見終えられるかと言われれば、どうだろう?

20191226

クリスマスも過ぎれば仕事はさしてやることも少なく、伺うべき急用もなく……。こうなるとつまらないもんだよねぇ。普段はギリギリの(あるいはそれ未満の)コンディションでひぃひぃ言ってるってのに。

そんなわけで(どんなわけで?)仕事納めも近付いてきたので、某ナンバーワン取引先様と一緒に忘年会。いつもちびちび喋っての1次会と、歌いつつまったりな2次会なんだけど、その2次会で奥の方にあとから来られた団体様、煙草の煙凄かったなぁ……。一度に4, 5人座れると、さすがに喫煙者の私でもちょっと「うっ」ときましたね。はひぃ。

20191227

予定より遅く某取引先(仕入先)様がご挨拶に見えられ、ちょっとバタバタして市立病院の内科に行ったら予想より相当早く呼ばれて拍子抜け。だいたい予約外だと数時間は待つんだけど、20分も待たなかったなぁ。

で、頓服が残りわずかになったので行ったんだけど、主治医が「下がっても上が140なら高いですねー。ほかも平均して高いですし、もうひとつ毎朝飲む薬追加しますね」と仰せ。出されたその処方箋には「アムロジピン」の文字。要はノルバスクです。しかもOD錠。薬価高いなー、と思いつつ、薬に敏感な体質なので先発で頂きましたけども。

義母に電話で話せば「30歳でノルバスクはちょっと、ねぇ」と言う。私もそう思う。ともかく、飲んで様子見るしかないかなー。

20191228

メンタルの病気なんていつ不調になるかなんてわからないんだから、そこを突っ込む時点で如何かと思うんですが、どうでしょうか。

夕飯前にYouTubeで空手の型(形)の動画をみていたら、横から妹が「空手やるの?」という。「やりたいの」「やればいいしょ、いいよねー、空手」と、これは予想外の好反応。一説によると移動基本や形なんかは有酸素運動になるらしい。年明けに某氏にまず連絡かな。

20191229

しないつもりではあったけど、やっぱり昨日深夜に痛飲を、したくなるわけだよねぇ。今日はあまり乗り気じゃなかった妻もノッてきてたのでよしとしよう。先週は二人で500ml×6缶でも酔えなかったのに、今日は500ml×4缶でお手上げ。二週分酔った感あり。

目が醒めたらもうひどくって、お腹は痛いし、トイレに行けばジャージャーの下痢が何度も出るしで、胃腸炎の可能性が無きにしも非ず。とりあえず夕方までは水分摂取だけしつつベッドで寝たり起きたりして過ごす。夜は胃腸風邪とはいえ風邪ならスタミナを、ってんで、豚肉やらラムやら買ってきて食べる。タレにニンニクとか豆板醤どっさり入れたりして。

そして眠れずに真夜中、この日記を書き始めたちょっと前、やっぱり下って大変大変。明日仕事納めです。

20191230

二人一組状態とはいえ、神棚掃除三本勝負は疲れるものがあるの。

無事仕事も納まりました。若干風邪っぴき状態の方が一名、結構な風邪の方が一名。そんなもんで12時くらいまでは開けておく予定だったけど、11時頃には閉店。年明けは6日初売りということで、それまではゆっくり、できるといいな。

20191231

ほとんど準備万端整い、穏やかな年越しを迎えられそうな感じ。もうこれだけでも感謝ですよね。

月例になっている勉強時間まとめのブログ記事を書いていて思った。まったく勉強できなかった。って、毎週末のようにいろいろな出来事が起こってバタバタしていたら、そりゃ無理だよなぁ。来月こそはちゃんとやらないと。

これを書いているいま16時23分。風呂だお詣りだ紅白だ、ってなるまえに日記をUPしておくことにします。