Diary (201904)

2019-04 / April 2019
Su Mo Tu We Th Fr Sa
-- 01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 -- -- -- --

20190401

昨日の徹夜明けの末に朝から夕方まで動き回ったツケなのか、半日以上、約19時間眠ってしまっていた。しかも、一度もトイレとかに起きることなしで。徹夜は心身に堪える年になってしまいつつあるのを感じたり、やっぱり体調は不安定で、「ほどほど」に抑えておかないと必ず反動が来る精神状態である病状であることを痛感したりする。

そんなわけで、「新しい元号は、『令和』であります」の発表も生中継で見ることができず、家族のLINEの妹や母の会話で知る始末。まあ、しょうがない。

意外と年号が入った帳票を使っている企業さんは多いわけで、午後から数時間のあいだに、すでに4件くらいから6本くらいゴム印の注文を頂く。有難いことです。

20190402

昨日は北海道打○器協会から色々なお知らせのお便りがきたり、別の某楽器屋のYahoo!ショップで頼んでおいた教則本がきたりした。

打楽器フェステ○バルは5月19日とのこと。今年こそ参加できそう! と思ったのも束の間、手帳を見てみたら所属している吹奏楽団の大事な大事な練習が入っていたので、今年も不参加。残念だ。

頼んでおいた教則本は「SYNCOPATION」というもので洋書。Drum setを前提に書かれているのか、BatterieでS.D.とB.D.があるのを前提に書かれているのかわからないけど、ともかく二段になっていた。こりゃ、序文の英文を翻訳しなきゃ話しにならんな、うむ。

20190403

やっぱりツケって回ってくるんですよ。昨日、徹夜明けの私はフル勤務に加えて楽団の練習まで参加。そうして帰ってから眠剤を飲んで、(ごく薄めのハイボールをチョットだけ飲んで)眠りましたら、なんと15時間睡眠。明らかに疲れすぎ、明らかに働きすぎ、明らかに動きすぎ、あるいは、眠剤効きすぎ。そのあたりの匙加減はもう試行錯誤しかないね。それがもうつらいわー。

メルカリで頼んでおいたiPhoneのライトニング端子の二股、私が使っているケースには合わないみたいだったので、またメルカリに出品しておいた。元の出品者さん、ごめんなさい。

このあいだ注文したベト7のスコアも来た。こりゃ読み甲斐がありそう。じっくり読んでいこうぞ。

20190404

ほぼ即決で物件決定。ありがとうございます。

どうしてこういうことがあると一気に体調がよくなるかが不思議だけど、ともかく体調がイイ感じになってきた。ここで頑張りすぎないってのが一番の課題なんだけど。

20190405

DBスペシャリストの午後Ⅰ、ようやく6割~7割くらいはいけるようになったかな?という印象(といいつつ、今日解いたのは30年度の問1だけだけど)。やっぱり継続だなぁ。

仕事はまったり運用。昨日から多少調子はよくなってきたけど、この「もう一つ」というところの折り合いが難しい。

20190406

今日は店番の日。どうせ暇だろうと勉強道具をどっさり持って行ったのだけど、午前中は事務処理・残務処理に追われ、午後はどういうわけか勉強を始めれば5分10分経った頃にお客さんがピンポンピンポンとご来店。予想に反して有難いことなのだけど、どうも忙しない。あまり「業務中の内職」はやらないほうがよさそう。

20190407

昼頃に選挙の投票を済ませる。あっという間に当確が出たのには驚いたねぇ。私が入れた候補は落選。どうも若手には期待できなかったんだよなぁ。

日曜なので友人宅へパソコン指導の日。と思いきや、「友達と話しててヘロヘロなっちゃって」「雑談したいと思って」などと仰せ。それならはじめに連絡して欲しかったなあ。こっちも準備したうえで臨んでいるのだよ、ちょっと。ってなわけで、1時間くらいダベって帰宅。どうもしっくりこない感じの日曜日。

20190408

情報処理技術者試験の受験票来たる。よくない予想が当たって、試験会場は北海道科学大学。私らの感覚としては「昔の道工大」。北大だとタクシーぶっ飛ばせば17時のバスに間に合うな、って読みつつも、万が一のためにJR(18:35発のライラック35号で、旭川でサロベツ3号に乗りかえ)の切符を取っておいたけど、これで正解だった。

北大だとどんな机と椅子になるかわからないけれど、前に応用情報技術者試験を道工大、もとい科学大で受けた印象では、良い感じの真新しい机と椅子のある中教室みたいな場所だったから、札幌の端に位置するのはともかくとして、試験教室そのものの環境は悪くはないだろう、と予想しておく。

20190409

どういうわけか眠剤の効きがその日によって極端でよろしくない。というか、眠剤なしで16時間眠る日もあれば、眠れない日もある。そんなわけで、睡眠リズムは乱れ切っている。本当は診察を早めようとしたけど、起きたら昼を過ぎててもう唖然。

20190410

サイレース1mgじゃ効かず。ええいもう、という感じでごく少量のアルコールも摂ったりもしたのだけど。一度8時台に起きるも残眠は強く、次に目を覚ましたのが12時半頃。もう愕然としましたね。ええ。

いい加減DBの勉強をしなければといよいよ尻に火が付いた感じ。「この問題を徹底的に仕上げよう」という目星をつけ、いよいよ本格的に取り掛かる(遅いよ)。

周囲(特に恋人)からは「勉強に集中して」とのこと。お気遣い有難い。

20190411

前医が転勤したので新主治医となってからの初受診。論理的に説明をしてくれるし、印象悪くない感じ。キーボードの打鍵音が大きくて、最初に世話になったドクターのことを思い出したりした。

最後の方の診察だったので、Dr.が医局に戻る途中にすれ違い、同じ方向に歩くことに。その姿勢の美しいこと。背筋を伸ばして顎を引いて颯爽と歩く姿には美しささえ感じるのですよ。

20190412

昨日夕食前に寝入ってしまい、起きたら0時過ぎ。

ストレスのせいか明らかに多すぎる量の夕飯を食べて、2時過ぎようやく自室へ戻る。

寝ようと試みるもそう上手くもいかず、だらだらと朝を迎えたと思ったら、今度は薬があまり効かずに希死念慮が。結局仕事は昼過ぎから出勤。とほほ。

20190413

起きたら昼。眠剤効きすぎだってぇの。

いい加減に勉強しなきゃって尻に火が付いたものの、自室じゃどうも集中できないので、キタカラ(駅の複合施設)へ。ここのフリースペースが22時まで使えるってんで勉強してきました。16時半くらいから21時半くらいまでいたかな。

併設のキッズスペースが18時までってんでお子様連れのお母様方もいらしたのですが、まぁなんといいますか、お母様方が大テーブルをフル活用されてなんというかまぁ女子会。溜まってることもあるんだろうなぁと思いつつ。「人類みな兄弟」よろしく、こちらはこちらで黙って過去問解いていました、というか、解説見ながら解法覚える感じ。とりあえず進捗としては、H30年度の午後Ⅱ問1・問2をば。

20190414

今日も昨日と同様にキタカラへ行ったものの、どうもメンタル不調で1時間でギブアップ。

三好さんの動画を見てみたら(先週公開してたんかい!)、曰く前年度の午後Ⅰ・午後Ⅱを徹底的に仕上げよ、と。なぜならばDB試験は前年度から大きく傾向が変わる可能性が非常に低いから、と。ってなわけで、わたしゃ勉強方法を変えましたよ。もう、去年の過去問しかしないもんね。しかしまぁ、ほんと、繁忙期に加えてメンタル不調があると、厄介でしたわ。ようやくメンタルも回復傾向でよかったよかった、というところだけども。あとは金曜・土曜までどれだけできるか、かな。

今日は体調がよくないのでさっさと寝ます。ふぅ。

20190415

ダメな日は何してもダメ。目が覚めたら凄まじい怠さで起床困難。昨夕からの体調悪化が著しい。

夕方前というか昼過ぎというか、そのくらいの時間にようやく起き上がって煙草吸ってトイレで用を足して、やっとのことで服薬する。ほんと、参った。

20190416

サイレースを飲んだところで、どうしてものの20分で中途覚醒するのか。ほぼ徹夜の状態でほどほどに仕事。

書道と短歌の月刊誌届く。いずれも今月分も入選ならず。最近文化活動の方はどうも評価が芳しくない。不安定な状態で「事」にあたっていると、いろいろなものがブレていくのだろうか。

20190417

4月17日、母と私の誕生日(予定日から1週間遅れて同じ日になった)。

多くの方々からお祝いの言葉を頂き、ありがとうございました。いよいよ30歳・三十路になりました。引き続き、健康に留意しながら「“いい加減”より“よい加減”(©Wayoh)」で過ごしていきたいなぁと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

20190418

昨日一昨日は「やりすぎた」らしい。働き方、難しいねぇ。空回り状態だったみたい。夕方前までベッドの上で過ごす、というより、過ごさざるを得ないような状態だった。

試験前だからって心身ともに緊張しているのか、サイレースが効かない、というか「決め手」の眠気がこない。マイスリーを追加してみるも、これもまたパッと効かない。こうなるとどうにもできず、寝転がったり起きたり、いろんな体制で、いろんな手段で試験勉強したりした。

20190419

注文していた既成ゴム印がくる。現金出納帳というか小遣い帳というか、それにいくつか追加したくて。
それから書道の添削もきた。予想に反して(?)提出した3枚とも「優秀」か「優」の評価でびっくり。こんなこともあるんだなぁ。

昼過ぎに配達が数件あるうち2件目くらいを終えた後、車に乗り込んだら腰に違和感が。3件目を終えてしばらくしたら痺れだした感じがしたので整骨院へ駆け込む。とりあえずは事なきを得たかなぁという感じ。母曰く「どうして(21日に国家試験を受けに行く)前の日にやるかねぇ」と。ごもっとも。

20190420

6:30のバスで札幌へ。例により寝不足のまま乗車。羽幌から砂川まではぐっすり眠っていたなぁ。

苗穂駅前で降りて、伏古の床屋さんで散髪。札幌駅で恋人と落ち合い、ひと息ついて、北海道神宮頓宮へ参拝。合格祈願、合格祈願。バスセンター前の駅の出口から歩いて3分の立地はいいねぇ。

地下鉄真駒内駅から○沢に行くバスの運転がお世辞でも良いと言えるものではなく、平地だろうが1速から加速してるし、ブレーキ後にクラッチ踏むタイミング遅いし、合流するのに何度か他所の乗用車からクラクション鳴らされるしで、昨日の腰痛は地下鉄を降りた頃には治まっていたのに、バス停を降りたら足が痺れていてヤバかった。もう、すぐにトラムセット服用しちまいましたとも。というか、今日だけでトラムセット、5錠も飲んでたんだなぁ。

20190421

待ちに待った春の例大祭、情報処理技術者試験。といいたいところですが、今回は珍しく「祭り」なんていう余裕がないくらい緊張してしまい、結局寝付いたのは3時半くらいだったのかなぁ? 高度試験(DB)受験で午前Ⅰは免除なので、8時頃に起きて、というか起こされて、会場の北海道科学大学到着9時40分。

あまり悪足掻きする気にもなれなかったので、いつも読んでいる本を読んだり、受験票にはないと書かれている喫煙所を行ったり来たりしたりして過ごす。

午前Ⅱの所見問題が難しすぎて驚いた。既出問題が多くてそこで稼いだ感じしかない。午後Ⅰは後日自己採点したら問1のリレーションシップの矢印を逆に書いていた箇所が数か所あってちょいと凹んだ。あとは問2のトリガの問題を選んだんだけど、問3の物理設計にしたほうが良かったかもしれないなー、とか。ま、過ぎたことだから、いいんだけど。午後Ⅱはいつものように問2。ご多分に漏れず、DBの試験を受けたつもりがパン屋になっていた一人でした。

試験後、喫煙所で悠々と煙草2本もふかしていたら帰りの臨時バスを乗り過ごし、次のバスまで30分近くもあったので素直にタクシーを拾って手稲駅へ行き、JRで札幌駅へ。ビックカメラでウイスキーのポケットボトルを物色すると、あろうことか角瓶のそれだけが売り切れで、結局ニッカのクリアブラックリッチブレンドにした(そこはほら、道民としてのアレですよ)。ESTAで巻寿司2種を買ったり、ローソンでクリアカップやミネラルウォーター(どちらもウイスキー水割り用)やら、お茶やらつまめるものやらを買い込んだりする。そのうち低血糖になってしまい、上島珈琲店で「べろ甘」のコーヒーをちょっとペース早めに飲むのに加えて、ガムシロップ2パック一気飲み。ごめん、きたなくて。

いい頃合の時間になったので札幌駅へ。ホームに上がると聞き覚えのあるその声は、学生時代に吹奏楽団でご一緒したSax.の某助役さんでした。懐かしい話と今の話しをちょっとしているうちに、特急ライラック35号入線、乗車。電車は揺れなくていいねぇ。飲みたい気持ちをグッと抑えて、うとうとしているうちに旭川到着。久々に電子音の鉄道唱歌とアルプスの牧場のチャイムを聞いたけど、あれはやっぱり良いなあ。

旭川では11分で特急サロベツ3号に乗り換え。その間にホーム端でとりあえず煙草。なんせ、ここを逃したら喫煙チャンスはありませんから。

で、ちょうど発車したころの20時くらいにIPAが解答例を出したようで、午前Ⅱの自己採点をし、68点くらいは得点してそうだったのでまず一安心。安心したので、隣席がいないことをいいことに、早速飲み始める。酔った勢いでTweetしまくってたら久々にAPI制限を食らったのは内緒。名寄を出ることにはすっかり「出来上がって」しまっていて、前後の客もいたので2席で横になりつつ、うとうとしていたら士別。そしてその後の記憶は南稚内到着10km手前までない。ウイスキーのポケットボトルは8割から9割くらい飲んでしまっていた。

20190422

試験前と当日で体も心もズタボロだったようで、試験後の今日はというと、お察しください的な体調で。

そんななかでお客様の社長の奥様の訃報。お通夜に行く。結構な人が来ていて、その「つながり」を感じさせられる。浄土真宗の本願寺派だった。阿弥陀経、経後短念佛、和讃「生死の苦海ほとりなし」次第二首、回向「願以此功徳」(うちはお東だけど通夜次第はほぼ同じ。お東だと阿弥陀経じゃなくて正信偈になる)。いわゆる、お西でいう「白骨の御文章」、お東でいう「白骨の御文」はなかったけれど、法話のなかで僧侶がそれの「今日とも知らず明日とも知らず……」に触れていた。亡くなられた方は、まさにその御文のとおりのように、急にお浄土へ往ってしまった。

20190423

仕事の合間をみて郵便局で第三種郵便を送ったり、このあいだ届いたゴム印の支払いなど。

地元の楽器屋さんに和太鼓(締太鼓)の撥を頼んでいたんだけれど、P社のは入荷まで1か月半もかかるということだったので、全音のほぼ同等のようなものに替えてもらう。明後日入荷予定とのこと。在庫あってよかったわ、ほんと。

情報処理技術者試験のときに試験場の(たぶん喫煙所)にお薬をすべて忘れてきてしまった模様。実施機関か会場に電話を入れようか悩んだけれど、もし今日発見されたとしてもこちらに着くのは木曜くらいにはなるだろうし、次の受診日は金曜で、幸い残薬もギリギリ間に合ったり替えれるものがあったりしたので、それで凌ぐことに。ちょっとしんどいけど、まぁ、たまにはいいかなぁ。

20190424

昨日はどうも働きすぎたようで今日まで疲れを引きずってしまい、楽団の練習に行く前にソファに横になっているうち眠ってしまい、起きたらもうすぐ練習が終わるような時間だった。ああ。

中途半端に眠ってしまったので夜に眠ることもできず、明け方に書道をする。Facebook「いい書我が書」を半月くらいサボっていたので、その分を書いたり、楷書の練習をしたり。

20190425

ワタシ オチンギン チョットアガッタ。有難いことです。

一昨日注文していた全音の和太鼓撥到着。早速今日の練習から使用。いい音しますわ。あとは締太鼓のチューニングかなぁ。

20190426

6月2日の英検で2級を受けようと思っていたのだけれど、5月25日・6月1日の二週連続で演奏会があり、その練習日程を見たらとてもじゃないけど勉強する余裕なんてなかったので潔く今回は諦めることにした。英検の受験申込期間は比較的長めに設定されているから、今度からは締め切り直前判断でもいいかなぁ?

サイレースの眠気が残るなかで病院へ。先日の某申請で疑義照会があったらしく、主治医からいくつか聞き取りを受け応対する。っていうか、3月までいた前医、主病名をASDとかASにするなら、ちゃんとそれに合う内容書きゃいいのになー、とか思ったの内緒ね。

20190427

平成最後の営業日の店番を無事終える。さすがに連休ということもあってかお客さんは少なめで、まぁ、そうだよなぁ、と。

帰る途中にダイソーとツルハで買い物。サクッと終えて、18:30くらいには帰宅。連休突入、といいたいところですが、30日にも仕事が入っています。かえってその方が生活にメリハリが出てよいかもしれない。

20190428

午後の予定が急にキャンセルになり、別の午後の予定に出ようとしたら午前中に終わっていたらしく、やることがほとんどなくなってしまった。郵便局で第三種郵便を出し、ゆうちょATMで支払いをしたり、炭酸水を箱買いしたりして本日の外出終了。

夕方から親戚が来訪。焼き肉をしながら飲む。私があまりにも飲むもんだから、ついに22時過ぎに母と妹からストップがかかる。さっさと部屋に入って布団に入ったのだけど、頭が痛かったり肩が痛かったり(あぁ、どっちもアルコールのせいだ……)で、眠前の薬にロキソプロフェンを加えて飲み、再び布団へ。あっという間に寝付いちゃいましたとさ。

20190429

珍しく、普通に寝て普通に5時起床。眠剤はもういらんなぁ。

親戚を連れて、今シーズン初の間宮堂へ。うん、おいしい。混雑を見込んで早めに出て開店と同時に入店して大正解。同じ考えのお客さんが何組もいた。

朝から気分がもやもやとした感じ。昨日の飲酒量が多かったからなのか、メンタルが不調なのか。とりあえず、昼寝して起きたら治っていたからOKということにしておこう。

20190430

平成最後の日。朝から夕方までの仕事を終え、テレビでNHKをずっと見ている。退位礼正殿の儀の中継を見、平成元年生まれの私は、元年から今までの私の歩みと時代の流れを思い、時に涙しながら平成最後の日を過ごしている。

Facebookグループ「いい書我が書」の今日のお題は『あなたにとって平成はどんな時代だった?』というものを自由に書くものであった。平成元年生まれの私にとって、平成という時代は私の歩みそのもの、という外に思い当たらなかった。御代の節目の日に、これまでの一生をしみじみと思い返している。