自然に対して無力である

この世においてどこまでも人間は無力だとつくづく思う。新型コロナウイルスワクチンで文字通り痛感させられた。

元来、感覚過敏で薬物過敏。かかりつけの薬剤師の言葉を借りれば「副作用をまんべんなく拾っちゃう人」で、接種後5分で吐き気が出始めて、1時間すれば頭痛、のち発熱。翌日は何ともなかったけれど、翌々日である今日といえば、昨日よりも倦怠感がひどかった。

科学 (もちろん種々の医学も含む) や技術の進歩や発展、その速さを蔑んだり否定したりするつもりは毛頭ないが、地球上に出現した “よくわからないもの” に対して “よくわかろうとする” と、芳しくない結果になることがあるように思われてくる。

ところで、ファイザー社の薬には高校時代に散々やられてきた。悪名高きジプレキサ (オランザピン) である。当時主治医が1日最大20mgまでのところを30mg投与していたことを百歩譲って置いといたとしても、その副作用で薬剤性糖尿病になり、HbA1cの値は8%とか、あるいはそれを超えていたかもしれない。結局、ジプレキサ断薬して半年もせずに正常値に戻り、体重も (元々肥満体だが) 当時は110kg台で危うく120kgになりそうなところだったが、90kg台に戻っていった。

奇しくも今回接種したワクチンは、ファイザーのコミナティ筋注である。

やっと倦怠感も落ち着いてきて、頭痛も消失したと思われ、明日には仕事に復帰できそうだが、今回は完全に「白旗」。1回目接種でこの状態ゆえ、2回目接種を躊躇している自分がいる。