自然に対して無力である

この世においてどこまでも人間は無力だとつくづく思う。新型コロナウイルスワクチンで文字通り痛感させられた。

元来、感覚過敏で薬物過敏。かかりつけの薬剤師の言葉を借りれば「副作用をまんべんなく拾っちゃう人」で、接種後5分で吐き気が出始めて、1時間すれば頭痛、のち発熱。翌日は何ともなかったけれど、翌々日である今日といえば、昨日よりも倦怠感がひどかった。

科学 (もちろん種々の医学も含む) や技術の進歩や発展、その速さを蔑んだり否定したりするつもりは毛頭ないが、地球上に出現した “よくわからないもの” に対して “よくわかろうとする” と、芳しくない結果になることがあるように思われてくる。

ところで、ファイザー社の薬には高校時代に散々やられてきた。悪名高きジプレキサ (オランザピン) である。当時主治医が1日最大20mgまでのところを30mg投与していたことを百歩譲って置いといたとしても、その副作用で薬剤性糖尿病になり、HbA1cの値は8%とか、あるいはそれを超えていたかもしれない。結局、ジプレキサ断薬して半年もせずに正常値に戻り、体重も (元々肥満体だが) 当時は110kg台で危うく120kgになりそうなところだったが、90kg台に戻っていった。

奇しくも今回接種したワクチンは、ファイザーのコミナティ筋注である。

やっと倦怠感も落ち着いてきて、頭痛も消失したと思われ、明日には仕事に復帰できそうだが、今回は完全に「白旗」。1回目接種でこの状態ゆえ、2回目接種を躊躇している自分がいる。

新型コロナワクチン (コミナティ) 1回目接種

基本データ

  • 1989年生、32歳
  • 優先接種に該当する基礎疾患等:
    • 慢性の心疾患 (高血圧症)
    • 精神保健福祉手帳所持、自立支援医療 (精神通院) 重度かつ継続
    • BMI高値
  • 接種ワクチン:コミナティ筋注

2021-07-12

  • 15:51 諸般の事情 (翌日に循環器科受診のため高熱を出せない) によりアセトアミノフェン (カロナール500mg錠) を服用しようとするも、会社に忘れてきたことに気がつく。
  • 16:01 平熱が高めで37.5℃ラインに引っかかったら嫌なので内面から冷やす悪あがき、ガリガリ君ソーダ味とロッテあずきバーの摂取完了。
  • 16:05 集団接種会場到着。1F待機場所の整理券番号を渡される。7番。身分証明書を呈示し問診票を提出。問診票が用箋挟 (俗にいうバインダー) に挟まれる。
  • 16:10頃 4人ずつで予防接種フロアにエレベータで移動。
  • 16:11 接種フロア到着。「お好きな場所にお座りください」と促され、着席すると保健師さんが件の用箋挟ごと問診票を回収。診察担当Dr.のもとに問診票が運ばれて可否判断される。要確認事項があれば呼ばれるらしいけれど、私の場合はなし。
  • 16:14 名前が呼ばれ接種場所 (い〜にの4箇所あった) に移動させられる。何をどうしようとも左上腕に筋注になる配置。あとは接種前の「アルコールで赤くなりませんか?」と穿刺直後の「指の先しびれませんか?」のお決まりのやり取り。
  • 16:15 接種完了。待機場所に移動させられる。
  • 16:20 吐き気のようなものが出始める。
  • 16:22 保健師氏に「すみません、吐き気あるんですけど」と申告。Dr.の指示を仰ぐのでその場で待機を命ぜられる。のち、血圧測定。平常時の血圧よりも上が20くらい、下が10くらい高め。
  • 16:25 念のためベッドで休ませてもらう。
  • 16:27 Dr.登場。よもやの以前お世話になっていた整形外科医。曰く「これじゃ暑いよ〜。2枚でしょ? 気持ち悪くもなるって。ほらワイシャツ脱いじゃいな〜」と。
  • 16:32頃 保健師氏再登場、再度血圧測定。吐き気もすこし治まり、若干平常に近づいたので、会場をあとにして様子見ることに。
  • 17:00 頭痛出現。右後ろあたりにツーンとした感じの頭痛。手許に以前整形外科から処方されていた薬があったので飲む。
    • ロキソプロフェンNa 60 mg「日医工」 1T
      レバミピド 100 mg「オーツカ」 1T
  • 17:19 嘔気再燃しオエオエッとやらかす。かかりつけ薬剤師さんの指示で、救急外来がある市立病院に電話し、当直Ns.とやり取り。
    Ns.「ドラッグストアに売っている市販薬でもドーノコーノー」
    私「すみません、これはかかりつけの保険薬局の薬剤師さんからの指示です。そして制吐剤に売薬 (OTC) はないと言っていました」
    Ns.「どこの薬局ですか?」
    私「***********薬局。*********薬剤師」
  • 17:32 市立病院着。
  • 17:45頃 診察。内科医が当直。
    Dr.「コロナの注射で吐き気の副作用はありませんね」
    私「これ (厚労省の文書) に (吐き気・嘔吐と) 書いているのは……?」
    Dr.「副作用はだいたい打ってから数時間以上経ってから出ますから。気のせいです
    私「じゃあ、何もしなくてよいと」
    Dr.「そうです」
  • もはや医師も薬剤師も看護師も或いは保健師も誰も彼も言うことが異なり、COVID-19にせよ、そのワクチン (私の場合はコミナティ筋注) にせよ、誰も何も知らないという事実に気づく。
  • 18:10 帰宅
  • 19:42 さっさと夕薬と寝る前の薬を飲んで布団へ
  • 20:27 体温 (以下、BTと略記) 37.7℃
  • 21:27 BT 38.0
  • 21:30 服薬
    • ロキソプロフェンNa 60 mg「日医工」 1T
      レバミピド 100 mg「オーツカ」 1T
  • 22:50 BT 37.0

2021-07-13

  • 00:30 BT 37.5
  • 02:38 BT 36.5
  • 03:35 頭痛が再度出現
  • 04:09 頭痛に加え、嘔気も再出現 (いずれも熱中症のそれとは異なる。)
  • (12:00 何とも例えがたい倦怠感が続く。抑うつ状態のそれとは異なる。)
  • 10:08 BT 36.2
  • 仮眠したり横になったりしながら様子見
  • 17:10 BT 37.0
  • 22:17 BT 37.3。
  • 夜、不安感増強し希死念慮生ず。本ワクチンとの因果関係は不明。

2021-07-14

  • 00:36 頭痛あり、服薬。
    • ロキソプロフェンNa 60 mg「日医工」 1T
      レバミピド 100 mg「オーツカ」 1T
  • 起床後、頭痛と倦怠感あり。倦怠感は昨日より強め。昨日に引き続き会社欠勤とす。
  • 16:00頃 依然として倦怠感あるいは疲労感続く。
  • 17:16 BT 37.0。嘔気出現。断続的に後頭部に頭痛あり。全般的に副反応が昨日より強い印象。
  • 17:21 頭痛により、服薬す。
    • ロキソプロフェンNa 60 mg「日医工」 1T
      レバミピド 100 mg「オーツカ」 1T

2021-07-15

  • なんとなく暑くて熱を測ると37.2℃だったが、その日は外気温も高かったためそういうもんだという認識。他に熱発や頭痛といった諸症状なく、副反応の諸症状は消失したと判断。