おくすりふえました

今日は定期受診の通院日。

結構な入眠障害が続いている。
いや、普段でも2時くらいまで寝付けないことはあるのだけれど、この間は「寝付く寸前に妙な夢のようなものをみて、そこでの人の発言・会話により『えっ』とか『わっ』とかなる現象」が10分ないし15分おきに、約2時間にわたって繰り返されたのでもう参った。(これが夢といって良いのか幻聴といって良いのかどうなのか、わからないけれど。)
それから、あんまり疲れているからなのか、それともストレスがあるからなのか知らないけれど、昨日は「部屋の中を『びゃっ!』と高速で飛ぶ虫」の幻覚(幻視)があった。

ついでに先週末の自殺企図の一件もあって、まぁお薬調整しないとね、という話しになった。(ちなみにこの2件の話しと余談でもって診察時間はすでに15分は超えていたと思う。)

BZD系の安定剤追加か? 気分調整剤としてデパケンR追加か? それともBZD系で睡眠導入剤追加か? というのが今回の議題と相成った。

安定剤はまぁ日中は(例の週末の一件があった以外は)そこそこ落ち着いているということでまず追加なしに。

デパケンRは性機能不全の副作用のせいで男のアイデンティティ的にだいぶメンタルがつらくなるのもあってちょっと拒否。

じゃあ眠剤、ってなった。

本当はサイレース(=ロヒプノール=フルニトラゼパム)を1~2mgくらい飲んで、一気に眠ってしまいたい。が、翌朝に高確率で眠気を引きずるリスクがあるのと、ど~しても寝坊・遅刻できない事情が9月上旬くらいまで続くのでこれはパス。(ど~しても云々がなければサイレース一択だったなあ。)

マイスリーも試したことはあるけれど、Tmaxの「波」に乗らないと眠れなかったり、或いはとんでもない中途覚醒をしてしまったり(ちょっとうまく言い表せない)、口渇や嘔気が出るときがあるのでこれもパス。ついでに言うとアモバンは嘔気が24時間続いたことがあるのでパス、ハルシオンはサイレース並みに効きやがるからこれもパスだ。

じゃあエバミールかな? と思ったのだけど、去年これの量の調整にえらい苦労して、そうこうしているうちに眠れなくなって結局サイレースにした経緯があるのでエバミールも却下。

結局折衷案として(というか過去の服薬歴があるからこちらから言ったんだけど)リスミー2mgにしようってことになった。

そうこうしているうちに診察時間は30分を超えてフィニッシュ。「おー点数上がるなー」って記憶を辿ってみたのですが、たぶん11年振りくらいにこんなに診察室で話したよ、うん。(参考:平成30年度診療報酬点数 > I002 通院・在宅精神療法、ハの (1) 30分以上で400点、(2) 5分超30分未満で330点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です