思い込み

身近な人の思い込みのせいで、どえらいことになるところだった。いや、一瞬「なってしまった」のだけれど、どうにか「なんとか収まった」というのが実際のところ。

思い込みで大目玉を食らい、その影響が他人にも及んだ。

その日のうちに――というか、それが起こって3, 4時間で収拾することができたのが不幸中の幸いだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です