すぐに治るものじゃない

ありとあらゆる病のことについて、当事者と医療者と支援者(例えば福祉事業所職員とか、最低限度の知識はあろう人々)以外は下手に口出ししない方が良い気がするのだが如何か。

同じ病名があったとしても症状は千差万別なのだから、当事者の訴えに対し客観的に判断できそうな人物以外が口を出すと「火種」になっていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です