20180422 買った本報告(デュルケム「宗教生活」)

メルカリで

  1. エミール・デュルケム、古野清人 訳: “宗教生活の原初形態” 岩波文庫 (上下揃)

カヴァのない旧版です。上巻は1977年第5刷、下巻は1978年第4刷。本文ヤケはありますが、経過年数を考えると並上かと。上下揃い送料込で850円でした。おそらく新版も品切れ(絶版)になっているはずです。

デュルケム(デュルケーム)といえば大学1年の終わりの頃、基礎ゼミの社会学の教員T氏におすすめの本を問うて、何某かの新書とデュルケムの『自殺論』をおすすめされたのを覚えています。

某新書はタイトルをまったく思い出せませんが、『自殺論』はそのタイトルゆえ相当気になってしまいすぐ大学生協で中公文庫版を取り寄せた思い出があります。同氏曰く「まさか買うとは思っていなかった」と。

思い出多きデュルケムですが、『宗教生活の原初形態』なんてほとんどお目にかかれません。何せ岩波の旧版も新版も品切れになっている。とすれば、捨てずに残してある新刊書店か、高価な値札が貼られてある古書店くらいでしか買えないかもしれない。そんな本にメルカリを介してとはいえ出合えてよかったと思います。

そういえば、学生時代にあれこれお世話になった社会学の教員O氏が、「神保町で見つけてあまりに高価だったけど思い切って買った!」と仰っていたのもこの本でした。どうも指導教員に似るらしい、そのあたり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です