はてなブログ時代, 日々の覚書

『グループホーム、施設なんて大嫌いだ』と、障害者を対象にしたそれらについて、T氏がFacebookで書いていた。入所・利用へ至る経緯は人それぞれであり、また発病・発症等の背景、そして家庭の事情まで人それぞれであるから、この問題について一概にこうだと主張する気にはあまりなれない。

コメントを覗くと自称元NPO法人理事長という人が、入居者のことを単に「利用者」と呼んだり、「それが嫌なら一人で生きろ」「他を探せ」「うちでは自分で掃除させている」等々と書かれていることに強い憤りを感ぜざるを得なかった。

障害者福祉の現場から遠く離れて一年以上が経ってしまっても、こういった話題はどうしても気にかかるのだ。