最新 RSS

ひとり実践報告 (朝メール)

← Back to w80.jp
← Top of this contents

2019/04/05

働けば健康である

どういうわけか、100,000円以上の物件(いわゆる備品と呼ばれる類)を一件でも決定すると、体調がよくなる傾向があります。

ちょうど昨日、R社から今月の特価品リストが出ましたので、それに気づいた昼、以前からチラチラと新しいパソコンの話しをしていた某労働組合さんの書記長さんに電話をしました。

「本体かくかくしかじかの金額で、ディスプレイいくら、設定費いくら、4年リースだとゴニョゴニョっと掛け算して、月額何千円なんですよ」

「へぇー。……ちょっと待って(執行委員長と話している声)」

「なんぼか変わるか社長に聞いてみる?」

「うん、そうして」

「そしたら金額決まったら見積り持ってきますんで。よろしくお願いしますね」

即行で社長(父)に電話し、「4年リースの料率なんぼだっけ?! 決まるかもしんないわ!」「***%! あと適当にやって〜!」

もうこうなったら見積書の様式に拘っている暇もなく、過去に使った様式を流用し、内容を今回のものに書き換え、5分かからずに見積書完成。

急ぎの配達もあったのですが、それは母にお任せし、私はお客様のもとへ。その際、個人的に「願掛け」としている、手嶌葵さんカヴァーの吉田拓郎さんの『流星』(10年くらい前のR社CMソング)を車のなかで流しながら……。

結果、執行委員長「おう、したら、いいぞ」、書記長「うん、いいよこれで」と、まさに即決となりました。

そしてその後……これまで困り果てていた症状は若干の改善の傾向が見えています。

「人は働けば健康である」……。これが、できる仕事を心配なく喜んで働き続けてきた結果ではないかと、ひしひしと感じさせていただきました。