最新 RSS

ひとり実践報告 (朝メール)

← Back to w80.jp
← Top of this contents

2019/01/24

事務機屋営業マン劇場

体調と起床事情に左右される朝メールですが、ここ数日 "一度は" 自力で朝4時過ぎに目が覚めるようになってまいりました。

昨日はリコ○の稚内の担当の方と一緒に、その方が「おっ!」と思うお客さんのところへコピー機のご提案へ……。

物は買って頂いていませんでしたが、二年半前くらいからつながりはあるお客さんです。

が、はじめに話しを聞いていた内容とは異なり、結局、二人で1時間粘ってもお客さんが首を縦に振ることはなく、「保守や部品供給が終っても機械が壊れるまで使うわ」と……。

その後、もう一件寄ったのち「○○○○さんも行きましょ!」と私。消耗品はうちから買って頂いていて、長くXer○xの機械を使っており、その機械も部品・消耗品供給がすでに終わっているとのことでしたので、斯様然々で数年に一度の台数限定大特価を今週中だけなら出せそうで云々……という説明を15分くらいしていますと、突然相槌に混ざって、「うん、うん、……はぁー、……そしたら買うわ」

えっ、いま何て仰いました? という感じでちょっとポカンとする私とRIC○Hの担当者。

だってまだ、リースの与信も取っていなければ、詳細の見積りも出していないんですよ。

うっかり口から出た「……いいんですか?」「うん」「ありがとうございます! ……あの、期間、5年にします? それとも6年にします?」「5年でいいわ」

まったく予想もしなかった展開となり、リコ○の方はその15分の顛末に驚くわ、私と言えば急いで社長(父)に電話して報告しつつ与信お願いしなければいけないわ、それとほぼ同時にリース契約書に取り敢えず横判と代表者印と銀行印もらわなければいけないわで、多少バタバタした1時間でしたが、無事準備万端整いまして、「明日の昼過ぎくらいにまた来て」ということで本日契約書が完成することと相成りそうです。

そのお客さんもちょうど二年間追いかけてきましたので、喜びと有難さはひとしお、といったところです。

願えば叶う、やればできる、信ずれば成り憂えれば崩れる、点滴石を穿つ。

諦めなければ時は巡ってきます。私にとっては約8か月ぶりのコピー機成約でした。