巻頭言集

2019年3月

平成の御代の終りまで残り60日を切った。その時代が始まって3か月と少し経ってから生まれた身としては、淋しい思いはやっぱりある。

忙しい毎日のなかで目まぐるしく変わる自身の体調に翻弄されながら、この「平成」の二文字を見たり書いたりするときに、複雑な、何とも言えない感情を覚えるときがある。

我々はどこへ向かうのか。

平成31年 (2019年) 3月4日

2019年2月

世間は未だ様々な問題が山積しているようです。国内を見れば統計の不正だとか、市長の暴言だとか、あるいは隣国との関係もより厳しいものになりつつあります。

そのなかにありながら、せめて私とその周囲だけでも、純な気持ちのまま、隣人と仲良く過ごしていきたい。

素直な、純粋な気持ちのままに、愛し和することには、何物にも代え難いものがあると思うのです。

平成31年 (2019年) 2月1日

2019年1月

謹んで新春のご祝詞を申し上げます。
時代の流れに逆行してHTMLを手打しながらウェブサイトを作ってはみましたが、懲りずに粛々と淡々と続けていきたく存じます。皆様におかれましてはこれからも変わらずのお付き合いを賜りたく何卒よろしくお願い申し上げます。

平成の御代もあと四か月。「元年生まれ」の私にとってはどこか寂しさのようなものを覚えます。どうか穏やかに月日が過ぎていくように願ってやみません。

皆々様にとりまして佳い一年となりますよう、衷心より念じあげる次第です。

平成31年 (2019年) 元日

2018年12月

人は、或いはこの世は、例えば潮の満ち引きのように、また例えば螺旋を描くように、同じことを繰り返しながら時が流れ、歴史が動いていっているのだという。戦だとか天災だとか、和解だとか即位礼だとか、そういう大きな出来事から、家の中の小さな出来事まで……。

翻ってWebやハイパテキストの世界はどうだろう。かつての某国際事務機社 (Internetional Business Macなんとか) の某ホ○ムペ○ジビルダ○の「どこでも配置モ○ド」が吐き出すソースコードを見て吐き気を催したと同じように、私は、某世界的超有名 Contents Management System である W○rdPress のエディタの画面を見て戸惑いを隠せず、かくして約三か月振りに静的ウェッブの世界に帰ってきた。

やはり我々は螺旋になっているなにかのうえを歩きながら、或いは、潮のように波のように、行きつ戻りつしながら、生きているのでななかろうか。とどのつまりはHTMLベタ打ち最高、こういうことである。

平成30年 (2018年) 12月20日

2018年09月

自然のことなど人間がわかることではない。よいことも悪いことも、いつ何時それが起こるかわからないし、第一、それがよいとか悪いとか考えているのは人間のままほかならない――と思う。

よいとか悪いとか考えていることを、さっぱりと受け容れながら生きていきたい。自然を前にして人間はヒトでしかなかったのだ。

平成30年 (2018年) 9月9日

2018年08月

どうしても Contents Management System による個人サイトの運用が“なんだか落ち着かない”のである。

所詮私はWeb1.0の頃からネットの世界を彷徨っていた人間。大体あの当時からして、PHPで動くブログを入れるとか、CMSを使って個人サイトを作るとか、そういったものに違和感しかなかったのだ。はっきり言って、私の青春時代の幕開けは間違いなく、テキストサイトとネットラジオであった。

当時リアル中二病だった若造はアラサーとなり、懐古厨となり、とうとうエディタ開いてHTMLをせこせこと手打ちして、時代おくれのウェブサイトを作ってやったしまった。W●rdPressの管理画面とにらめっこをするよりも、エディタを前にあれこれ考えている方が落ち着くという現実もここにある。

本サイト w80.jp 以下に記載している内容は、いずれも私の所属している企業・団体としての主張・発言ではなく、私個人として発しているものである。

記載している内容に誤り等があった場合は、すべて筆者の浅学菲才の故である。読者諸兄のご寛恕を乞う。

平成30年 (2018年) 8月23日